介護事業所の電子申請なら公表システム・サポート

公表システムサポートロゴ

介護事業所・生活支援等サービス

電子申請や公表システムのDX化をサポート

文字サイズの変更

訪問サービス

通所サービス

入所サービス

居宅支援

他サービス

生活支援等

サービス

『電子申請のトリセツ』vol.1 「e-KOBE」と連動した神戸市のDX戦略のストーリー

いち早く導入した「介護事業所の電子申請」をインタビュー

介護業界のDX化を支援する公表システム・サポート株式会では、「神戸市」の福祉局 監査指導部の方(市長室 広報戦略部の方)にご協力いただき、先行する自治体の「介護事業所の電子申請」の導入や対応など、インタビューしました。
2024年4月より本格スタートした「介護事業者の電子申請」は、介護業界の電子化や効率化を目指すものとして、新たなシステムや様式ではじまった制度になり、今後はそのデータ活用やシステム連携によって、変革期を迎えると言われています。
そこで自治体の取り組み事例『電子申請のトリセツ』vol.1では、先行する「神戸市」の担当部門を取材して、「介護事業者の電子申請」を導入して対応された様子などを、取材レポートとして紹介します。

『電子申請のトリセツ』vol.1 インタビュー取材の概要

・目的:介護保険制度の改正に合わせて、介護事業所の電子申請や公表システムのスムーズな導入・利用や、適正な事業所情報の公表を啓蒙するもの
・取材先:神戸市 福祉局 監査指導部(市長室 広報戦略部)
・取材者:公表システム・サポート 事務局
・方法:ZOOMによるオンラインMTG
・時期:2024年3月

》》》取材レポートは、コラム記事でもご紹介しています。
取材レポート『電子申請のトリセツ』vol.1 自治体の取り組み事例 神戸市